HC アレックス・ロイド

ALEX LLOYD アレックス・ロイド

現サンアントニオ・スパーズのヘッドコーチであるグレッグ・ポポビッチがコーチをし、その下で選手をしていた現アトランタ・ホークスのヘッドコーチのマイク・ビューデンホルツァーを輩出したカリフォルニア州のパモーナ大学での輝かしい選手生活を終えた後、スパーズでインターンとして経験を積む。その後現ユタ・ジャズのヘッドコーチであるクイン・スナイダーの下、アシスタントコーチとしてNBADリーグのオースティン・トロズで活躍。2012年にチームを優勝に導いた後2年間アトランタ・ホークスの選手育成コーチとスカウトを担当。2014年よりNCAAディビジョン1のテキサスA&M大学のヘッドビデオコーディネーターとして活躍中。


2006-07 サンアントニオ・スパーズ-GM補佐インターンと選手育成インターン

2008-09 サンアントニオ・スパーズ-選手育成のアシスタント

2009-12 NBA-DL サンアントニオ・スパーズDリーグチーム「オースティン・トロズ」

     現ユタ・ジャズのヘッド クィーン・スナイダーの元アシスタントコーチ オフェンスコーディネーター

2012   NBA-DLのチャンピオンに導いた

2012-14  アトランタ・ホークス 選手育成アシスタント+スカウティング

2014-  NCAA ディビジョン1 テキサスA&M ヘッドビデオコーディネーター

ロイドは選手育成アシスタントとプロ&カレッジスカウト両方として、

アトランタ・ホークスと2シーズンを過ごした後アギーランドに強いNBAの絆をもたらします。

さらに、彼は2006-07GM補佐インターンと選手育成インターンと

2008-09における選手育成のアシスタントとして働いて、

サンアントニオ・スパーズ組織との2スティントを楽しんでいる。

バーリントン、バーモント、ネイティブも2009から12 NBA D-リーグのオースティン・トロスのアシスタントとして働いて、

彼のプロとしてのキャリアの間にコーチング側の時間を費やしてきた。

トロスでは、ロイドはチームの攻撃コーディネーターを務め、

2012年NBA-DLのチャンピオン