AT 山口大輔 a.k.a. DICE

1981年8月12日生まれ 福岡県出身

福岡県立修猷館高校を卒業後、アスレティックトレーナー(AT)をめざして渡米。

インディアナ州立大学卒業。ペンシルベニア州カリフォルニア大学大学院修了。インターン、ボランティアとしてNBAやNFLの現場を経験し、2007年夏からNBAサンアントニオ・スパーズに雇われる。4年間下部組織のオースティン・トロズのヘッドAT兼ストレングスコーチとして働き、2011-2012シーズンより一軍であるスパーズのアシスタントATに昇格。チームは2011-2012シーズンにカンファレンス決勝進出、2012-2013シーズンにはNBAファイナル進出、そして2013-2014シーズン、7年ぶりのNBA優勝を遂げる。

2014年帰国。

現在は精力的に「WATCH&C PEFORMANCE」と題し全国でクリニックを展開。

呼吸、姿勢、体幹等へのアプローチを通してより良い身体の使い方と動かし方とはどういったものか体感してもらい、それをバスケットボールの動きに活かせるよう指導中。

指導をする中でわかりやすい英語も要所に取り入れる事で英語への抵抗を減らし、よりグローバルに物事を考えられるような意識作りも目指している。

正しく身体を使う事により怪我を予防してパフォーマンスを向上させる事、英語を使い、楽しみながら人間としての幅を広がせる事をコンセプトとしている。


現東京医科歯科大学スポーツサイエンスセンター特任助教